生活音を減らす

片付いた子供部屋

最近では住民間の争いとして、生活音による問題が年々増加しています。自分では感じないが、隣や下の階の人にとっては相当なストレスを感じさせていることもあります。 そこで、防音というものに気を使う人が増えてきており、その需要に対応して防音設備を売りにしている住宅が出てきました。 防音をきちんとやれば、普段の50から80パーセントの音を緩和できると言われています。しかし、防音をちゃんとやろうと思えば、安くはない費用が掛かります。 そこで、多くの世帯では独自のアイディアで対策を行っています。例えば、でこぼこのスポンジを壁に貼ったりなど多くのものがあります。 一番いいのは、業者に頼んで吸収マットなどを設置するのがいいですが、それはお財布と相談しなければなりません。

防音といっても、すべての音を遮断できるわけではないという事を意識しなければなりません。 楽器を練習するために防音対策を行っても、完全には音を遮断できずに周りの住民に迷惑をかけるといったことがあるかもしれません。 また、防音だからといって友達を呼んで騒いだりなどはトラブルになりやすいです。知らず知らずのうちに、少しずつ音が漏れてしまい周りの住民にストレスを与えるかもしれません。いつのまにか周囲に不満を与えてしまい、住みにくくなってしまうのはもちろん、最悪訴えられるなんてことは避けたいですね。 このように、結局は普段の配慮が大切といえます。しかし、間違いなく防音といった対策は有効であり、自分の生活を守ってくれるでしょう。